マント型紙のサイズ補正方法

寒い時期に、何かと活躍してくれる「マント」
そんなマントの型紙を、お子さまに合わせて少しだけ長さを調節してみましょう♪

使用する型紙「マント」の用意

ハンドメイドにチャレンジしようと思って購入した型紙。
いざ作ろうと思った時「ここの丈って勝手に伸ばしていいのかな?」と不安になる事もあるかと思います。
初心者さんは特に、見た通り・順序通りに作ってみないと分からないことも多いですよね。

こちらの画像の様に、ファーやボアは柔らかく、薄手のものを使用すると縫いやすく着心地のよい出来上がりになります。制作過程はまたご紹介したいと思います。

今日は、マントの型紙補正方法をご紹介したいと思います。

型紙の補正方法

お客さま自身で、マントを大きくまたは小さくする方法をご紹介します。

急に冷え込みが厳しくなったように感じるこの時期、1枚羽織るにはピッタリのマント♪

お子さまの体型に合わせて、ちょっぴり調整してみましょう。

お客様の方で簡単に型紙補正をしていただけるように、簡素化しております。
完璧なグレーディング(サイズ変更)ではありません。

衿ぐりやフードの変更はしていませんが、マントはゆったりとしたお洋服ですので、
少しぐらいのサイズ変更に問題はないと思います。

イラストの様に前身頃と後身頃の袖丈を長く伸ばしたり、短くしたい場合は同じ箇所を短く切って下さい。これだけで良いんです。

少しの事ですが、せっかく作る手作りのお洋服!
出来たらサイズも見た目も好みになるように頑張りたいですよね♪

使用した「マント」の詳細を見る
くま耳&うさ耳バージョンも作れます♪

型紙にちょっとの手を加えることで出来るサイズ補正。

お子さまの成長に合わせて、お持ちの型紙で是非チャレンジしてみてくださいね。