la-suila

お知らせ

【手作りを着せよう】ボア生地であったかマント

季節が秋~冬にかけて、子供とお出かけするのに必要になってくる羽織りもの、1枚持っているだけで安心ですよね♪ ベビーカー・チャイルドシートでの外出時にも腕を通さずにサッと包むだけなのでママも楽ちんです!ボタンホールが苦手な方は「飾りボタン+スナップ」で作成すると脱ぎ着の時もボタンかけの必要なし。
2020.12.16
お知らせ

【生地裁断の基本】「地の目」と「わ」について

知っておくと便利な『布の用語』 なんとなくわかっているけど、わからない洋裁用語。一度覚えておくと、便利です。 地の目とは・・・ 地の目とは、織物の縦糸・横糸を組み合わせて織られている織物の、生地糸の糸目方向のことを指します。 縦糸の方向がたて地、横糸の方向がよこ地と言います。
2021.02.26
お知らせ

【手作りを着せよう】ベビーに贈るカバーオール

はじめて着せるベビー服にカバーオールを作ってみませんか? 赤ちゃんのお世話をしてたら、お洋服縫ってる時間なんてとても・・・と思うママも多いと思います。そんな時は一気に仕上げようと思わずに、赤ちゃんがお昼寝してる時間を少しずつ使って作ってみてはどうでしょうか? 時間をかけて完成したお洋服はきっと大事な思い出になると思います!
2020.12.08
お知らせ

【簡単かわいい♪】リボンのヘアゴムの作り方

お揃い生地の「リボンのヘアゴム」作り方 女の子ならではのファッションの楽しみの1つでもあるヘアアレンジ。 ヘアゴムもいくつかあると、ママもお子さまも「今日はどれにしようかなー?」など一緒に選ぶのも楽しいですよね♪
2021.02.26
お知らせ

【家庭用ミシンの基本】ニット生地をジグザグステッチするコツ

ロックミシンがなくても家庭用ミシンでジグザグステッチをかける ニット生地のジグザグステッチについて少し書いてみようと思います。 ニット生地は本来ロックミシンで作成する生地ですので、家庭用ミシンでジグザグステッチをきれいに仕上げるのはむずかしいですよね。 ロックミシンをお持ちのお客様はロックミシンで仕上げていただくのが一番良いですが、ロックミシンを持っていない・・・押入れの中に入っていて出すの面倒・・・ という人は、普通の「ジグザグステッチ」が上手くいかないときは「点線ジグザグ」という縫い方を使ってみてください。最近の家庭用ミシンにはついているタイプが多いです。
2021.02.26
お知らせ

【見えないけど大事な存在】芯地はどうして必要?

お洋服作りに必要な芯地 貼る?貼らない? でも、本当に芯地は必要なの?どんな芯地を貼ったら良いかよくわからないし、めんどくさいから省略しちゃう方もいらっしゃると思います。 特に、大人のJKやクチュールコートなど、クリーニング屋さんに出すものは、芯地が必要ですが、洗濯機でがんがん洗うお洋服の芯地の重要性はむずかしいです。 もちろん必要なのですが、布地によって必要度や芯地の種類が変わってしまいますので、おうちで好きな布地でハンドメイドされる方にとって芯地選びはとってもむずかしいですよね・・・
2021.02.26
お知らせ

【やっておこう】ガーゼ生地の水通し方法

水通しは色々な方法があり、生地の種類により異なります。 一番確実なのは生地屋さんにお尋ねすることです。といっても、なかなか生地屋さんとお話しする機会がない方はこの記事を参考にしてくださいね。 ガーゼ生地はお洗濯をすると縮むので、一般に生地屋さんで購入したガーゼ生地は水通しが必要です。
2021.02.26
お知らせ

【家庭用ミシンの基本】ボタンホールをきれいに縫うコツ

家庭用のミシンで「ボタンホール」を縫うのは、緊張しませんか?職業用のミシンでもおなじです。なかなか既製品のようには出来ません・・・それはなぜか・・・? 既製品は、ボタンホール専用の機械(ミシン)を使っているからです。 JKやコートなどはボタンホールをあけてくれる縫製屋さんにお願いするのもいいですが。最近はボタンホールをあけてくれるお店も少なくなってきましたね・・・ ということで、私がボタンホールをあける時の注意点を簡単にまとめました。
2021.02.26
お知らせ

【生地を買う前に】型紙/必要生地の用尺チェック方法

いざハンドメイドをはじめようと思って型紙を準備したものの、生地はどのくらい必要?余らせたり、無駄にならないように使う分だけ買いたい!そんな時に、自分でチェックできる方法をご紹介しようと思います。
2021.02.26
お知らせ

【秋冬服にぴったり】トグルボタンのつけ方

トグルボタンの付いたお洋服は、店頭で並ぶ秋冬服の中にも使われているのを見かけることが出来ます。ファー素材など、少し厚みのある秋冬素材にぴったりなトグルボタン。これを使う事でしっかりお洋服のワンポイントとなり既製品顔負けになるので、機会があればお使いください!
2021.02.26