【キレイな仕上がり】袖と身頃の縫い合わせのコツ


普段着としても、ちょっとしたお呼ばれやお祝いごとの席などにも重宝する「リトルシャツ」男女でもお揃いコーデが可能で当店でも人気の型紙です♪
そんなリトルシャツの縫い合わせのコツをご紹介しようと思います。

お袖と身頃の縫い合わせ方

異なったカーブ縫い合わせなのでむずかしいですが、縫い合わせる場所に気をつけるときれいに仕上がります。


ちょっとしたコツです

黒いライン(縫い代線)がお袖と身頃の縫い合わせるラインとなります。

生地の端と端は合わせません。生地の端と端は長さが違いますし、縫いあがってもきれいに出来上がりません。

縫い終わるとどちらかが長くなりがちな部分です。
0.5cmぐらいのカットはOKですが、あまりずれると出来上がりが微妙です(^_^;)

これはお洋服・小物すべてにおける、カーブ同士や直線とカーブの縫い方です。
慣れると簡単ですので、少し気にしながら縫ってください。


女の子に着せるとかわいい裾フリルバージョンも♡
型紙のアレンジ方法と作り方はレシピに記載していますのでぜひ作ってみて下さい。

リトルシャツをチェック