【後付け簡単!】マグネットボタンの付け方

口が広くて、中身が見えてしまうバッグに「マグネットボタン」を付けて、バッグの機能性をアップ♪

ファスナーなどがなく使用時に開けっ放しになってしまうバッグが気になる時は、ちょっと付けると安心です。既製品バッグにも同じ方法で付けることが出来ますよ(*^-^*)

準備するもの

材料はこちらの2点です。

・マグネットボタン 14mm 1セット
・生地

マグネットボタン
カラーもあるので、お持ちのバッグになじむ色を選べます。

手順

  1. 生地を【タテ6cm ヨコ12cm】を2枚用意します。
  2. 生地が薄い時は、生地の裏の中心に芯地を貼ります。
  3. 上・下を裏側に半分に折り、アイロンで押さえます。
  4. マグネットボタンを表から差し込みます。(目打ちや糸切りばさみで穴をあけます)
  5. 裏側に丸いキャップをはめ込み、ペンチなどでツメを内側に倒します。
  6. 半分に折り上下にミシンをかけ、縫い代を押さえます。
  7. バッグに付けて、出来上がりです。

今回は当店の「三角トートバッグ」に付けてみました。
少しひと手間をプラスして、便利&使いやすいバッグにカスタムしたい時の参考にして下さい☆

三角トートバッグ型紙|ラ・スーラ ベビー服型紙のお店| 
ベビー服を手作りしたい! "ハンドメイドの子供服" 型紙のネットショップです。 作ったことが無くて自信がない!というママでも大丈夫。途中で分からなくなっても完成までメールでサポートします! 初めてでも安心の写真入りで詳しい作り方説明書付き♪ キッズ・レディース・マザーズバッグもあり 
タイトルとURLをコピーしました