【夏定番の甚平&浴衣】えり付けをきれいに仕上げるコツ

夏と言えば「甚平」「ロンパース甚平」「浴衣ドレス」「セパレート浴衣」が当店でも定番型紙として人気です。ベビーからキッズまで着せるととっても可愛らしいです(*ˊᗜˋ*)

また季節を問わず、和装のお洋服としても人気の「ベビー袴」もお正月やお食い初め・お誕生日などのベビーの節目のお祝いシーンにもおススメです♪

私にとって甚平を作る工程で一番むずかしいのは「えり付け」の部分です。
どうしても、身頃との長さが上手く合わず、身頃にしわが入ってしまいます(^_^;)

そこで、縫製時にちょっと気をつけていることを書いてみます。

甚平・浴衣の型紙の特徴

普通のお洋服の襟の型紙はカーブになっていますが、甚平・浴衣の襟は直線です。
身頃の衿ぐりはカーブなので、直線とカーブをきれいに付けるのはむずかしいです。失敗しがちなのは、合わせる場所なんです。

ピンクのラインが 身頃 と 衿 の縫い合わせるラインとなります。
身頃の縫い代の端(ブルーのライン)と衿の端を合わせると、衿が余ってしまいます。

コツとしましては、えり付けの工程時にミシンステッチを忘れずに入れる。

◎甚平(レシピ14)
◎ロンパース甚平(レシピ25)
◎浴衣ドレス(レシピ11)
◎セパレート浴衣(レシピ11)
◎ベビー袴(レシピ8)


次の工程の切り込みをしっかり入れた後、衿ぐりが直線になるように手で生地を伸ばしてください。

やりすぎると破れてしまうので、非常にむずかしいことですが、少しだけでも伸ばしていただくと縫いやすいかと思います。

そして衿と身頃を縫い合わせるときに、身頃のカーブ部分は身頃の生地をしっかりと伸ばして縫ってください。

この時に衿は伸ばさないように!(直線部分は伸ばさず、普通に縫ってください)

最終的に衿が余っていまったら、衿を少し(1~2cm)カットしても大きな問題はありません。もしよろしければ、ぜひ試してくださいね。

同じ生地で性別問わず姉弟・兄妹でお揃いコーデも♡
ハンドメイドでかわいい甚平&浴衣で、夏のイベントをお子さまと一緒に楽しんで下さいね♪

甚平・浴衣の型紙

ロンパース甚平(70size)

ロンパース甚平をチェック

甚平(80~150size)

甚平をチェック

浴衣ドレス(80~130size)

浴衣ドレスをチェック

セパレート浴衣(80~150size)

セパレート浴衣をチェック

ベビー袴(70~100size)

ベビー袴をチェック