【見えないけど大事な存在】芯地はどうして必要?

お洋服作りに必要な芯地 貼る?貼らない?

でも、本当に芯地は必要なの?どんな芯地を貼ったら良いかよくわからないし、めんどくさいから省略しちゃう方もいらっしゃると思います。

特に、大人のJKやクチュールコートなど、クリーニング屋さんに出すものは、芯地が必要ですが、洗濯機でがんがん洗うお洋服の芯地の重要性はむずかしいです。

もちろん必要なのですが、布地によって必要度や芯地の種類が変わってしまいますので、おうちで好きな布地でハンドメイドされる方にとって芯地選びはとってもむずかしいですよね・・・

芯地を貼る目的

芯地の役割は以下の3つになります。

  1. シルエットをつくる
  2. 形くずれを防ぐ
  3. 張りをつける

今、この部分にこの芯地を貼りましょう!とずばりお答えすることは出来ませんが、ベビー服・子ども服作りで必ず、貼ってほしい芯地の箇所は以下の部分です。

  • ボタンやボタンホール
  • ドットボタン
  • スナップ

などお洋服の脱ぎ着で力がかかる所です。この部分はどのような生地でも芯地を貼ってくださいね。

芯地はお洋服を長持ちさせる縁の下の力持ち

フリースなど厚手の生地は必要ないように思いがちですが、想像以上に生地が引っ張られる部分です。芯地を貼ることにより、お洋服が長持ちします。
ベビー服は特にママが着替えさせることが大半だと思うので、ハンドメイド品のお洋服は愛着がわく分長く着せたいですね♪

基本的には、型紙に書いている芯地貼りの部分に芯地を貼りましょう。バッグなどかっちりしたもの以外の芯地は薄手の芯地がおすすめです。

布地に芯地を貼った時、貼っていない部分と比べて、少ししっかりしたかな・・・ぐらいがいいと思います。あまり厚手の芯地を貼るとバキッとしたお洋服になってしまうので注意してくださいね。

 

ドットボタンが付いている前立てと股ぐり(ボタンの部分)に、芯地を貼っています。
「布帛で作るロンパース」